サルナシ

猿梨

双子葉、離弁花、マタタビ科、 マタタビ属、落葉、つる性、木本。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
樹皮は灰褐色である。 枝はつる状に長くのび、若枝には褐色の軟毛が密生するが、のちに無毛となる。 つるは長いものでは50メートルにものび、丈夫で腐りにくい。 樹勢の強い時は、枝を切ると樹液がたくさん出る。
葉は互生し、6〜10センチの楕円形〜広卵形で、厚い革質で細かい鋸歯がある。 裏面脈上にかたい毛があり、葉柄は淡紅色をおびる。
雌雄異株で、初夏に葉腋に直径1〜1.5センチの白い花を下向きにつける。 花弁と萼片は5個あり、葯は黒紫色で、線形の花柱が多数放射状に出る。
果実は2〜2.5センチの広楕円形の液果で、10〜11月に緑黄色に熟し、 キーウイフルーツと同じ味がする。果実酒にも使われる。 野生のほ乳類もよく食べる。



葉柄が赤紫色。裏面の葉脈に毛がある。


樹皮は灰褐色で平滑である。


葉腋に赤い蕾が数個つく。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る