サネカズラ

実蔓、真蔓

双子葉、離弁花、 マツブサ科、 サネカズラ属、常緑、広葉樹、つる植物、木本。 用語説明
別名:ビナンカズラ
花期:夏 8月
つる植物で、古い茎はコルク層があって太い。 新枝は赤褐色で、皮をはぐと粘る。
葉は互生し、尖った楕円形または卵形で、まばらな鋸歯があり、 光沢がある。 常緑であるが、葉が秋に美しく色づく。
雌雄異株が多いが同株もある。 夏、葉腋に黄白色の花が1つぶら下がる。 萼も花弁も区別がつかず、合わせて8〜17枚あり、 それらの花被片はいずれも楕円形で厚い。
小さな液果がまるく集まった直径2〜3センチの集合果を長い果柄の先につけ、 11月に赤く熟す。 赤い液果の中には、淡褐色で腎形の種子が1〜3個入っている。
束ねた茎をたたいてお湯をかけると、髪洗いに使える粘液が得られる。

識別点: サルトリイバラシオデサネカズラ
 サルトリイバラ:葉に光沢があり葉脈が3〜5本、茎に棘。巻きひげ。赤熟。
 シオデ    :葉の光沢は弱く、葉脈は5〜7本、棘なし、巻きひげ。黒熟。。
 サネカズラ  :モクレン科低木で棘もつるもなく、茎の皮下に粘液を持つ。












真っ赤に熟す。(2016/11/26)


液果が落ちたあとも赤い花床が残る。(2015/12/5)





萼も花弁も厚くて同じ形をしており、8〜17枚ある。









葉は尖った楕円形で、革質で光沢がある。(2015/5/16)


一枚の葉もさまざまに色づく。


(2016/11/20)




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る