アスナロ

翌檜

裸子植物、 ヒノキ科、 アスナロ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:30メートル
幹は直立し、樹皮は赤褐色で、縦に薄くはがれる。 枝は扁平に広がる。
葉は鱗片状で葉柄がなく、小枝に密着して十字対生し、 ヒノキ より幅広で厚い。 葉裏に4本ずつ並んだ白い気孔帯がある。
雌雄同株。花は黄褐色で小さく、 雌花は厚い鱗が同心円状に並んだ形、 雄花は鱗片をかぶった芽状であり、 両方とも枝先に単生する。
球果は1〜1.5センチの淡褐色の木質で角状の突起があり、 熟すと広卵形の果鱗が開いてそりかえる。
材は黄白色で、殺菌力と耐湿性があり、まな板などに使われる。

識別点: ヒノキサワラアスナロ
  ヒノキ :葉は先が丸く、裏に蝋質の白粉があり、Y字状の気孔帯がある。
  サワラ :葉はやせて先がとがり、裏にX字状の気孔帯があり、檜臭がない。
  アスナロ:葉は幅広で粗く先とがらず、白い気孔帯が4本あり、果鱗に突起。
  ヒノキアスナロ:葉は幅広で先とがらず、気孔帯が4本、果鱗に突起なく、樹皮の肌理が細かい。

(2015/5/10)


葉裏に細い2本線の両側に太い線がある気孔帯をもつ。


葉は十字対生する(左右と上下に交互に並ぶ)。 -- 裏側。


表側も鱗葉が左右と上下に交互に並ぶ。(2015/5/10)


樹皮は赤褐色で、縦に薄くはがれる。(2015/5/10)


これはヒメアスナロ


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る