ヒノキ



裸子植物、 ヒノキ科、ヒノキ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:30メートル
幹は直立し、樹皮は赤褐色で、帯状にはがれる。 枝は扁平に広がる。
葉は鱗片状で葉柄がなく、小枝に密着し、十字対生する。 葉裏にY字状の気孔帯がある。
雌雄同株で、雄花は褐色の楕円体、雌花は淡褐色の球形で、ともに枝先につく。
球果は直径1センチぐらいの木質の球形で、種子には左右に翼がある。

識別点: ヒノキサワラアスナロ
  ヒノキ :葉は先が丸く、裏に蝋質の白粉があり、Y字状の気孔帯がある。
  サワラ :葉はやせて先がとがり、裏にX字状の気孔帯があり、檜臭がない。
  アスナロ:葉は幅広で粗く先とがらず、白い気孔帯が4本あり、果鱗に突起。
  ヒノキアスナロ:葉は幅広で先とがらず、気孔帯が4本、果鱗に突起なく、樹皮の肌理が細かい。

ヒノキの枝。


Y字状の気孔帯。鱗片状の葉は十字対生している。


雄花は楕円体。




球果はサッカーボール状の球形。


開いた球果


種子は淡褐色で翼がある。(2016/1/10)


秋には葉先に翌春の花芽が用意されている。(2015/10/27)


葉には光沢がある。(2016/1/22)


樹皮は赤褐色で、帯状に縦に剥がれる。(2017/10/26)


常緑高木である。 (2018/1/3)


樹形は円錐形となる。 (2018/1/3)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る