シュロソウ

棕櫚草

単子葉、 シュロソウ科 (以前はユリ科)、 シュロソウ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:50〜100センチ
林内や湿った草地に生える。
地下茎があり、茎は高く直立する。
葉は茎の下部につき、長さ20〜30センチの広線形で、縦に筋があり、 葉の基部が鞘状に茎を包み、それが腐ると シュロ の毛のようになる。
茎の先に細長い円錐花序をつけ、6裂した花を多数咲かせる。 花の色は、濃紫褐色が多いが、白、黄緑色、緑色、赤紫色などもある。 両性花は花序の主軸につき、雄花は横に伸びた枝につく。
果実は長さ1〜1.5センチの楕円形の刮ハで、 3稜があって角(つの)が3本あるような形である。
有毒である。
よく似た アオヤギソウ は、花が淡黄緑色である。

濃紫褐色で6弁の花が円錐状に咲く。 (2009/9/10)


(2009/9/10)


葉は幅広で縦の筋がある。


地下茎があって群生する。(2017/5/2)




葉の基部は葉鞘となって重なり合う。(2016/5/14)


花茎が高く立ち上がる。 (2018/6/24)


円錐花序の蕾。花茎は白い微毛で覆われる。 (2018/6/24)


果実ができつつある。円錐花序は横に広がらず、細長い。 (2016/10/4)


刮ハには3つの稜と3本の角(つの)がある。(2017/10/3)


(2015/10/8)


(2016/10/4)


刮ハは熟すと3裂する。(2016/10/4)


葉の基部が腐るとシュロの繊維状のものが残る。(2017/4/2)


(2016/10/4)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る