アオヤギソウ

青柳草

単子葉、 シュロソウ科 (以前はユリ科)、 シュロソウ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:50〜100センチ
林内や湿った草地に生える。
茎は高く直立する。
葉は茎の下部につき、長さ20〜30センチの広線形で、縦に筋があり、 葉の基部が鞘状に茎を包む。 古い葉鞘の繊維はシュロの毛状になる。
茎の先に細長い円錐花序をつけ、淡黄緑色の6裂した花を多数咲かせる。 両性花は花序の上部につき、雄花は下部につく。
果実は長さ1〜1.5センチの楕円形の刮ハで、 3本の縦の溝がある。
有毒である。
同属の シュロソウ は花が暗紫褐色である。

葉は根元に広がり、花茎が1メートルぐらいに直立する。

(2016/7/27)                              (2016/10/20)


蕾。花茎には白い微毛が密生する。(2016/7/27)

高く伸びる花茎に黄緑色の花が並ぶ。(2016/10/20)

花は6弁。(2016/10/20)

葉は先のとがった長楕円形で、弓なりになる。(2015/6)


葉脈が明瞭である。(2016/4/15)


葉は根際近くに短い間隔で輪生状に出て、基部は鞘状になる。(2016/7/27)


長い花茎に、3稜があって角(ツノ)のある刮ハが並ぶ。(2017/10/18)


未熟な果実。(2017/10/18)


膨らんできた果実。放射状になっている。(2017/10/18)


放射状でなく、重なり合う果実もある。(2017/10/18)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る