オニウシノケグサ

鬼牛の毛草

単子葉、 イネ科、 ウシノケグサ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:0.4〜1.8メートル
密に叢生し、茎は無毛で、直立した細長い円錐花序に淡緑色の 小穂をつけ、頴はややかたい。
葉身基部の葉耳に縁毛がある。
花序は10〜50センチの披針形〜卵形で、直立するかやや傾き、 花軸の数カ所から長短2本の枝を斜上させ、短い枝には数個、 長い枝には数個〜20個の小穂をつける。 第1苞穎は長さ5〜7ミリある。
ヨーロッパ原産で、戦後、緑化用に植えられた。

識別点:( ヒロハウシノケグサオニウシノケグサオオウシノケグサトボシガラ
 ヒロハウシノケグサ:高さ0.3〜1メートル、葉幅3〜7ミリ、葉耳の縁は無毛、小穂は8〜12ミリ、第1苞穎は2〜3ミリ、芒なし
 オニウシノケグサ:高さ0.4〜1.8メートル、葉耳に縁毛、第1苞穎は5〜7ミリ、芒が短い
 オオウシノケグサ:高さ30〜90センチ、葉耳は無毛、葉幅3〜4ミリ、小穂は5〜10ミリで芒がある
 トボシガラ   :高さ30〜60センチ、葉幅2〜3ミリ、穂先が垂れ、花序枝が長く小穂は7〜9ミリでまばらで芒が長い



葉耳の縁に毛がある。(2015/5/16)




芒が短い。(2015/5/16)


葯が黄色い。




未熟な小穂はあまりばらけない。




花序枝が二股になって出る。(2015/5/16)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る