ヒロハウシノケグサ

広葉牛の毛草

単子葉、 イネ科、 ウシノケグサ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:0.3〜1メートル
密に叢生し、茎は無毛で、直立した円錐花序に淡緑色の 小穂をつけ、頴はややかたい。
葉は幅3〜7ミリの線形で、葉身基部の葉耳の縁には毛がない。
花序は10〜20センチの狭い円錐状で、短い枝と長い枝が 対になってつき、 小穂は長さ0.8〜1.2センチで、5〜8個の小花をもつ。
第1苞穎は長さ2〜3ミリ、第2苞穎は3.5〜4.5ミリで、 芒はほとんどない。
ヨーロッパ・シベリア原産。

識別点:( ヒロハウシノケグサオニウシノケグサオオウシノケグサトボシガラ
 ヒロハウシノケグサ:高さ0.3〜1メートル、葉幅3〜7ミリ、葉耳の縁は無毛、小穂は8〜12ミリ、第1苞穎は2〜3ミリ、芒なし
 オニウシノケグサ:高さ0.4〜1.8メートル、葉耳に縁毛、第1苞穎は5〜7ミリ、芒が短い
 オオウシノケグサ:高さ30〜90センチ、葉耳は無毛、葉幅3〜4ミリ、小穂は5〜10ミリで芒がある
 トボシガラ   :高さ30〜60センチ、葉幅2〜3ミリ、穂先が垂れ、花序枝が長く小穂は7〜9ミリでまばらで芒が長い



花序枝は短いのと長いのが対になってつく。


頴に芒がほとんどない。


(2016/5/7)






茎は叢生して高くのびる。(2016/5/7)




葉耳の縁に毛がない。


(2016/5/7)




群落を作る。




種子は大部分落ちているが、赤褐色で楕円形の種子が残っているものもある。 (2018/6/8)


叢生する。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る