クサスゲ

草菅

単子葉、 カヤツリグサ科、 スゲ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:15〜30センチ
短い匐枝(ふくし)があり、湿地に群生し、全体が柔らかい。 茎は細く、3稜がある。
葉は細い線形で互生し、茎より長い。 葉鞘は淡褐色で細く裂けている。
茎の上部に小穂が数個出る。 白緑色の頂小穂は雄性で5〜10ミリの棒状であり、 緑色の側小穂は雌性で長さ5〜10ミリあり、1つは雄小穂に接するが、 他の側小穂は少し離れてつき、苞が付随している。
果胞は長卵形で中部に横くぼみがあり、上部はくちばし状にとがって 外側に反り返る。

識別点: アオスゲクサスゲシバスゲ
 アオスゲ:葉は茎より短い、雄性の頂小穂は淡緑色で0.4〜2センチ、果胞に軟毛。
 クサスゲ:葉は茎より長い、雄性の頂小穂は淡緑色で0.5〜1センチ、果胞は無毛。
 シバスゲ:葉は茎より短い、雄性の頂小穂は淡黄褐色で1〜1.5センチ、果胞に軟毛。

もっと特徴のはっきりわかる写真にとりかえ。(2015/4/26)


(2015/4/26)


もっと鮮明な写真に取り替え。(2015/4/15)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る