イチゴツナギ

苺繋

単子葉、 イネ科、 イチゴツナギ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:50〜70センチ
別名:ザラツキイチゴツナギ
密に叢生し、茎は細くてかたく、ざらつく。
葉は互生し、10〜15センチの線形で白銀色をおび、柔らかいが、 葉鞘に細かい棘があってざらつき、葉の縁にも毛がある。 3〜8ミリの被針形の長い葉舌がある。
花茎は直立し、円錐花序の下に逆向きの棘があってざらつく。 短い花序枝が数本ずつ何段も出て、それに 淡緑色で長さ4〜6ミリの長楕円形の小穂がつく。 護頴の基部には縮れ毛がある。 芒はない。

識別点:( スズメノカタビライチゴツナギミゾイチゴツナギオオイチゴツナギ
 スズメノカタビラ:高さ10〜30センチ、花序の枝は横に開きざらつかず、小穂は淡緑色。
 イチゴツナギ  :高さ50〜70センチ、花茎は直立しとてもざらつき、小穂は淡緑色。
 ミゾイチゴツナギ:高さ30〜70センチ、花茎は下垂し、枝は糸状で長く、小穂は緑白色。
 オオイチゴツナギ:高さ20〜50センチ、花茎は下垂し、枝は短くてざらつき、小穂は広卵形。






開花。


芒はない。


葉舌が披針形で長い。


群落




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る