ヨメナ

嫁菜

双子葉、合弁花、 キク科、 ヨメナ属 筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.5〜1メートル
別名:オハギ(古名はウハギ)
地下茎で群落を作る。 茎は、はじめは赤みを帯びるが、1メートルぐらいにのびて、 上部でよく枝分かれする。
葉は互生し、茎の下部では卵状長楕円形で葉柄があり、粗い鋸歯がある。 上部の葉は細長くなって葉柄も短いかなくなり、鋸歯も小さくなる。 葉にはやや光沢があってなめらかであり、 下部の葉は3脈がはっきりしている。(ノコンギクの葉はざらつく。)
頭花は枝先に1個つき、直径約3センチで、舌状花は淡青紫色で、 筒状花は黄色である。
そう果の冠毛はごく短い。

識別点 -- ノコンギクヨメナカントウヨメナユウガギクオオユウガギクの区別:
 ノコンギク  :茎はよく枝分かれして短毛が密生し、葉は鋸歯のある長楕円形で3脈が目立ち、舌状花は淡青紫色で総苞は半球形で花柄が短く、冠毛がとても長い。
 ヨメナ    :茎は広角に分枝し、花柄は長く、下部の葉は鋸歯のある卵状長楕円形で3脈がやや目立ち、頭花は淡青紫色で花柄が長く、冠毛がごく短い。
 カントウヨメナ:茎は狭角に分枝し、葉は鋸歯のある卵状長楕円形でユウガギクより厚く、頭花は淡青紫色で、冠毛はごくごく短い。
 ユウガギク  :よく分枝し、葉は長楕円形で羽状に中裂することがあり、頭花はごく淡い青紫色で、冠毛がごく短い。
 オオユウガギク:葉はまばらな鋸歯のある長楕円状被針形で厚く、頭花は淡青紫色で、冠毛が不揃い。







カントウヨメナ(冠毛短い)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る