ヤブタバコ

藪煙草

双子葉、合弁花、 キク科、 ヤブタバコ属 花は筒状花のみ、1〜2年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:0.5〜1メートル。 太い茎を直立させたあと、上部から細長い枝を放射状に出す。
根生葉と下部の葉は25〜30センチの広楕円形〜長楕円形で、 花期には枯れる。上部の葉は互生し、長楕円形で小さい。 葉は薄くて葉脈が明瞭であり、両面に短毛があり、腺点がある。
茎の上部から放射状に出た枝の葉腋に黄色い頭花を1つずつ 下向きにつける。 頭花は直径約1センチの釣鐘状でほとんど柄がない。
そう果は円柱形で臭気があり、粘液で動物などにくっつく。

識別点: ヤブタバココヤブタバコガンクビソウ
 ヤブタバコ :上部の葉腋ごとに鐘形で黄色い頭花をつけ、花柄がほとんどない。
 コヤブタバコ:枝先に広鐘形で緑白色の頭花をつけ、その基部に線状被針形の苞葉が多数つく。
 ガンクビソウ:互生する枝の先に鐘形で黄色い頭花をつけ、花柄がある。



花は茎の上部から放射状に出る枝の葉腋につく。


頭花は黄色で柄がほとんどなく、総苞は基部のふくらんだ鐘形である。


熟すと頭花の口が少し広がる。


葉腋ごとに頭花が下向きにつく。




上部の葉は長楕円形で、互生する。


根生葉と下部の葉は広楕円形〜長楕円形で、薄くて短毛がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る