ヤブジラミ

藪虱

双子葉、離弁花、 セリ科、 ヤブジラミ属、2年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:30〜70センチ
オヤブジラミ とよく似ているが、果実が紫色をおびない点や、花の密度が高い点などが異なる。
茎は細くて直立し、よく分枝する。
葉は長さ5〜10センチの2〜3回羽状複葉で互生し、小葉は卵状被針形で、 さらに細かく切れ込む。両面に粗い毛がある。
枝先に複散形花序を出して、約10本の小花柄の先に小さい白い5弁花をつける。
果実は2.5〜3.5ミリの卵状長楕円形で、褐色に熟し、 刺毛が密生して、動物や衣類にくっつく。 2分果に分かれる。

識別点: ヤブジラミオヤブジラミ
 ヤブジラミ :初夏に咲く、小花柄4〜10個、果実2.5〜2.5ミリで緑〜褐色。
 オヤブジラミ:春に咲く、小花柄2〜4個、果実5〜6ミリで帯紫色。

果実は緑色。


刺毛が密生して、動物や衣類にくっつく。


(2016/7/13)


複散形花序に小さくて白い花をつける。花弁は5枚あり、先が2つに割れる。




小花の数が多い。




葉は2〜3回羽状複葉で、小葉は細かく裂ける。(2016/5/7)




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る