ウスベニアオイ

薄紅葵

双子葉、離弁花、 アオイ科、 ゼニアオイ属、1〜2年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:1メートルぐらい
別名:ブルーマロウ、マロウ
茎が直立し、粗い毛がある。
葉は円形で、掌状に5〜7裂し、鋸歯があり、 長い葉柄があって、互生する。
葉腋に5弁花を数輪つける。 花は縁が白く中央が赤紫色であり、濃い赤紫の筋 がはいる。
果実は約10個の分果からなる分離果で、熟すと分果の表面が へこんで蜂の巣状になる。
花は青から薄紫に変化する。ハーブティーとしても利用される。
ヨーロッパ原産。

識別点: ウスベニアオイゼニバアオイ
 ウスベニアオイ:茎は高くて粗毛、葉は掌状に中裂、花淡紅色径約3.5センチ、種子無毛。
 ゼニアオイ  :茎は無毛、葉は円形に近く浅裂、花紫紅色径約3.5センチ、種子有毛。
 ゼニバアオイ :茎は低く、葉は円形に近く浅裂、花淡紅色径約2センチ。





葉は掌状に5〜7裂し、鋸歯がある。(2015/5/6)


次のはゼニアオイ?


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る