ツルニンジン

蔓人参

双子葉、合弁花、 キキョウ科 、ツルニンジン属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:
別名:ジイソブ
つる性で、他のものにまきつく。 根茎が朝鮮人参に似て節くれだつ。
葉は長さ3〜10センチの長卵形で、裏面は粉白色を帯び、 互生するが側枝の先では3〜4個集まってつく。
花は2.5〜3.5センチの広鐘形で先端が細くなり、側枝の先に 数個下向きにつく。 花冠は5裂し、白緑色で内側に紫褐色の斑点がある。
直径2〜2.5センチの朔果をつけ、基部に萼片が残っている。 種子には翼がある。
茎や根を切ると乳液が出る。

識別点: ツルニンジン(ジイソブ)、 バアソブ
 ジイソブ:花は2.5〜3.5センチ、根茎は紡錘形、花筒外側白、種子に翼あり。
 バアソブ:花は2〜2.5センチ、葉の裏や縁に白毛、根茎は球形、花筒外側紫、種子に翼なし。

広鐘形の花が咲く。photo by H. O. (2001/9/28)


photo by H. O. (1997/9/10)


葉は先のとがった長卵形。(2009/4/23)


(2010/4/29)


側枝の先では3〜4個集まってつく。(2015/5/6)


(2015/6/1)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る