タバコ

煙草

双子葉、合弁花、 ナス科、 タバコ属、多年草(日本では1年草)。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:0.5〜2.5メートル
茎は太く、直立してから枝分かれする。 茎や葉、花に細毛が密生する。
葉はやや厚く、長さ20〜60センチの大きな楕円形で互生し、 葉柄は短い。上方の葉は小さくなる。 葉には腺毛があり、臭気をもち、 ニコチンを含む。
枝先に、基部が白く先が紅色の漏斗状の花が総状に咲く。 萼は筒形で、花冠は5裂する。
楕円形の刮ハができ、 種子は0.5ミリほどで、とても小さい。
似たものとして、 葉が広楕円形でニコチン含有量の多い マルバタバコ、 木本で細長い黄色い花の咲く キダチタバコ などがある。
南米原産。

(2015/9/29)


葉は20〜60センチの大きい楕円形で、茎をなかば抱く。(2015/9/29)


(2016/7/28)


茎先に、基部が白く先が紅色の漏斗状の花が群生する。(2015/9/29)


花冠は5角形となる。(2017/10/31)


雌しべは1本、雄しべは5〜6本ある。蕾が多数あり、次々と咲く。(2017/10/31)


マルバタバコ。(2015/7/2)


キダチタバコ。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る