シロツメクサ

白詰草

双子葉、離弁花、 マメ科、 シャジクソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜秋 5月〜10月
別名:クローバー
茎が地を這って群落をつくる。
葉は5〜15センチの長い葉柄をもつ3出複葉で互生し、 小葉は広倒卵形で、表面に八の字の斑紋のあるものが多い。
葉腋から立ち上がる長い花茎の先に、長さ約1センチの白い蝶形花が集まって 球状の花序を作り、受粉すると外から順に垂れ下がる。
花後の萼の中に小さい円筒形の豆果があり、ハート形の種子を数個含んでいる。
ヨーロッパ原産。

識別点: シロツメクサムラサキツメクサ
 シロツメクサ  :花が白い、受精した花は垂れ下がる、横に這う、小葉が丸い、花序の柄が長い。
 ムラサキツメクサ:花が紫色、受精しても垂れない、立ち上がる、小葉が楕円形、花序の柄が短い。



葉は3出複葉で、八の字の斑紋がある。


長い花柄が葉腋から出る。


茎が地を這って群落をつくる。




受粉前の花は上を向いている。


受粉した花は垂れ下がる。




ブラッククローバー。四つ葉も混じる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る