セイヨウノコギリソウ

西洋鋸草

双子葉、合弁花、 キク科、 ノコギリソウ属 筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:0.3〜1メートル
地下茎で増えて群生し、茎は直立する。
葉は長さ6〜9センチの長楕円形で、 根生葉は3回羽状に、茎葉は2回羽状に深裂して互生し、裂片は 線形である。
上部の枝先に直径3〜5ミリの白色(〜淡紅色)の花が多数、 笠のように散形状に集まってつく。
果実はそう果。
ヨーロッパ原産。

識別点: ノコギリソウセイヨウノコギリソウ
 ノコギリソウ    :葉は羽状に中裂〜深裂し、裂片に鋸歯のあることもある。
 セイヨウノコギリソウ:葉は2〜3回羽状に深裂。

通常は筒状花も舌状花も白いが、舌状花が淡紅色のもある(園芸種?)。(2016/10/5)


(2016/10/4)


(2015/7/12)


(2015/7/12)


葉は2〜3回羽状に切れ込む。(2016/10/4)


筒状花の見えないものもある。(2016/10/27)


そう果。(2016/10/4)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る