ノコギリソウ

鋸草

双子葉、合弁花、 キク科、 ノコギリソウ属 筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:0.5〜1メートル
地下茎で増えて群生し、茎は直立し、上部で分枝する。 地上部は冬枯れるが、地下茎には耐寒性がある。
葉は長さ約8センチの長楕円形〜披針状線形で互生し、 両歯の櫛のように中〜深裂する。裂片には鋸歯があるものもある。 葉はやや厚く、基部は茎を浅く抱く。
茎先の散房花序に、 両性の筒状花と雌性の舌状花を持つ直径約1センチの白い頭花が咲く。 舌状花は5〜7枚ある。
そう果は細長くて扁平であり、冠毛はない。
寿命は3年ぐらいであるが、挿し木や株分けで更新することができる。
園芸種には紅色や黄色(キバナノコギリソウ)の品種もある。

識別点: ノコギリソウセイヨウノコギリソウ
 ノコギリソウ    :葉は羽状に中裂〜深裂し、裂片に鋸歯のあることもある。
 セイヨウノコギリソウ:葉は2〜3回羽状に深裂。

筒状花は両性、舌状花は雌性。(2017/6/24)


筒状花の少ない個体。(2016/10/15)


筒状花の各々にも小さくて白い花弁がある。(2017/6/24)


葉は長楕円状で、のこぎりの歯状の切れ込みがある。(2017/5/6)


(2016/10/15)


茎先の散房花序に丸い蕾がつく。(2015/10/15)


葉の切れ込みが細かいのもある。(2012/7/7)


茎は高く直立する。(2017/6/24)


上部で分枝する。葉の基部は茎を浅く抱く。(2017/6/24)


そう果が丸く集まっている。(2015/10/15)


小さくて扁平なそう果には冠毛がない。(2016/10/15)


花の黄色いキバナノコギリソウ。(2015/7/2)


キバナノコギリソウ。裂片に鋸歯のある個体。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る