サルビア


双子葉、合弁花、 シソ科、 アキギリ属(サルビア属)、多年草(日本では1年草)。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜11月
高さ:20〜70センチ
別名:ヒゴロモソウ(緋衣草)
茎は四角で、高く伸びる。
葉は約7センチの広卵形で対生し、鋸歯がある。
茎の先端から穂状花序を出し、筒状の萼から長い花筒をもつ唇形の花を 数個つけたものを短い間隔で多段につける。 緋色の花が多いが紫色のも珍しくない。 花は1日で落ちるが同色の萼が長く残り、次々と新しい花が咲くので、 長期間花を楽しむことができる。 蜜で多くの虫を引き寄せる。
花後の萼の中で4分果が実る。
日本では花を観賞するものをサルビア、ハーブとして利用するものをセージ と区別することが多いが、英語では、緋色のサルビアはスカーレットセージ、 青紫のサルビアはラベンダーセージというように、 どちらもセージと呼ばれることが多い。
ブラジル原産。





萼は花後も宿存萼として残る。


宿存萼の中で分果が実る。(2015/7/2)


サルビア・ガラニティカ。


サルビア・ガラニティカ。(2016/7/27)


サルビア・コクシネア。


サルビア・コッキネア。


アキノベニバナサルビア 。(2015/7/2)


サルビア・ウリギノーサ。(2015/9/29)


サルビア・ウリギノーサ。(2016/7/27)


サルビア・ウリギノーサ。(2017/5/19)


サルビア・レウカンサ( メキシカンセージ )。(2016/11/3)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る