アキノベニバナサルビア


双子葉、合弁花、 シソ科、 アキギリ属(サルビア属)、多年草(日本では1年草)。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:50〜100センチ
別名:オータムセージ、サルビア・グレッギー、チェリーセージ
チェリーセージ と似ている。 チェリーセージはもともとサルビア・ミクロフィラのことであって、 それは花冠の内側の基部に突起があり葉がざらつく点が アキノベニバナサルビアと異なるという説があるが、 両者の区別は少し見ただけではよくわからない。 園芸店ではアキノベニバナサルビアもチェリーセージという名前で 出ているのではないかと思われる。
茎は四角で、直立し、基部は木質化する。
葉は全縁で鈍頭の卵形で対生し、脈がへこむ。
茎の先端から穂状花序を出し、筒状の萼から赤い唇形の花を 数個つけたものを数段つける。花径は約2センチで、下唇は垂れ下がる。 赤と白の混じった花もある。
4分果が実る。
北米南部(テキサス州、メキシコ)原産。

(2016/5/5)


下唇が垂れる。(2016/5/5)


葉は鈍頭の卵形で、対生する。(2016/5/5)


萼が長い。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る