チェリーセージ


双子葉、合弁花、 シソ科、 サルビア属、多年草(低木)。 用語説明
花期:春〜秋 4月〜11月
高さ:60〜100センチ
別名:サルビア・ミクロフィラ
アキノベニバナサルビア と似ている。 チェリーセージはもともとサルビア・ミクロフィラのことであって、 それは花冠の内側の基部に突起があり葉がざらつく点が アキノベニバナサルビアと異なるという説があるが、 両者の区別は少し見ただけではよくわからない。 園芸店ではアキノベニバナサルビアもチェリーセージという名前で 出ているのではないかと思われる。
宿根草で、茎がやや木質化する。 茎は直立し、対生状に分枝する。
葉は先のとがった楕円形で、葉脈が少しくぼみ、 鈍鋸歯があって、対生する。
茎先の穂状花序に、2センチぐらいの唇形の赤い花が咲き、 大きな下唇が前に突き出る。 花筒が長い。 花冠の基部が白いものもある(ホットリップス)。 花期は春から秋までと長い。
果実は4分果である。
芳香がある。 挿し芽で容易に増やせる。
メキシコ原産。 暖地では越冬できる。





ホットリップス。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る