メキシカンセージ


双子葉、合弁花、 シソ科、 サルビア属、常緑小低木ないし多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜11月
高さ:0.6〜1.5メートル
別名:メキシカンブッシュセージ、アメジストセージ
霜で地上部が枯れるが、暖地では低木状となる。
四角い茎が束生して、直立ないし斜上し、上部で枝分かれする。 若い茎には白い微毛が密生する。
葉は先のとがった狭楕円形で十字対生し、やや厚くて軟毛が密生し、 灰色がかった緑色である。
茎先の穂状花序に筒状唇形花が密に咲く。 萼は紫色で軟毛が密生し、花は白や淡紅色である。
果実は4分果である。
メキシコ、中央アメリカ原産。

(2015/9/20)


(2016/10/20)


葉はとがった狭楕円形で、厚みがあり、葉脈がへこむ。若い茎に微毛が密生する。(2015/9/20)


茎は束生し、高くのびる。(2015/9/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る