ラベンダーミント


双子葉、合弁花、 シソ科、 ハッカ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:30〜60センチ
茎は四角で直立する。
葉は短い葉柄で対生し、先が鋭角になった卵状披針形で、鋸歯がある。
上部の葉腋に、淡紫色の小さい唇形花が球状に集まった花序をつける。 花は ラベンダー に似た香りがする。
香料やポプリなどとして利用される。
ヨーロッパ原産。 セイヨウハッカ の園芸種と見られている。

(2015/9/29)


小さい唇形花が球状に集まって咲く。(2016/10/20)


(2016/10/20)


茎は直立し、葉は卵状披針形で鋸歯があり、対生する。(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る