パピリオナケア


双子葉、離弁花、 スミレ科、 スミレ属、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:7〜11センチ

特徴要約(他のスミレとの比較については スミレ科一覧参照):
   地上茎:無、花色:紫色、葉:心形、距:太短、花柱:頭状、上弁反り返り。

アメリカスミレサイシン の一種で、花が淡紫色に濃紫色の筋のあるものや、 濃紫色のものがある。
地下茎が太くて横にのび、繁殖力が強い。 地上茎はない。
葉は根生し、先のとがった円心形で、丸みをおびた鋸歯があり、光沢がある。
花は紫色が多いが、白いのや白地に紫の斑紋のあるものもある。 上の弁は反り返って乱れたようになり、側弁の基部には白い毛があり、 距は太くて短い。
果実は刮ハ。
ニオイスミレ と似ているが、葉や葉柄に毛がなく、花に香気がなく、 柱頭が曲がっていない点が異なる。
北米原産であるが、日本でも野生化している。

(2015/4/15)


葉は先のとがった円心形で、丸みをおびた鋸歯があり、光沢がある。


(2015/4/26)


距は太くて短い。(2015/4/26)


上の弁が反り返る。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る