パンジー


双子葉、離弁花、 スミレ科、 スミレ属、1年草。 用語説明
花期:冬〜春 12月〜6月
高さ:15〜20センチ
別名:サンシキスミレ

特徴要約(他のスミレとの比較については スミレ科一覧参照):
   地上茎:有、花色:多彩、葉:卵形で葉柄長い、距:ごく小さい、托葉:羽状深裂、花柱:頭状。

地上茎がある。
葉柄や花柄は短い茎から互生する。 葉は卵状楕円形で、浅鋸歯がある。
花の直径が4センチ以下(2センチぐらい)の小輪のパンジーを ビオラ という。
花は少し重なった2枚の上の花弁と、2枚の脇の花弁、 わずかに切れ込みのある下の花弁からなる。 色は、紫、赤、黄色、白や、それらの色が混ざったものなど、 種類が多い。花弁は丸くて花は平開に近く開く。 距はごく小さい(麦粒ぐらい)。
刮ハは紡錘形で、はじめは下を向いているが、熟すにつれて上を 向き始める。完熟すると3裂するので、その前にとると 丸い褐色の種を採集できる。
寒さに強い。

識別点: パンジービオラ
 パンジー:園芸用に品種改良された花径が5,6センチ以上のもの。
 ビオラ :花径が4,5センチ以下のもので、パンジーより原種に近い。







寒さに耐え、葉は卵状楕円形で、浅鋸歯がある。(2015/2/1)


茎があり、托葉は櫛の歯状。。(2015/2/1)


距は短い棒状。(2015/2/1)


花柱は頭状。(2015/2/1)


裂開前の刮ハは楕円状。(2017/5/20)


3つに裂開すると、丸い種子が現れる。(2017/5/20)


園芸種では、種の数が少ないことが多い。
野生種に近い ビオラでは種が多い。(2017/5/20)


これはビオラ。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る