ビオラ


双子葉、離弁花、 スミレ科、 スミレ属、1年草。 用語説明
花期:冬〜春 12月〜6月
高さ:15〜20センチ
別名:小輪パンジー

特徴要約(他のスミレとの比較については スミレ科一覧参照):
   地上茎:有、花色:多彩、葉:卵形で葉柄長い、距:ごく小さい、托葉:羽状深裂、花柱:頭状。

花の直径が4センチ以下(2センチぐらい)の小輪の パンジー をビオラという。
地上茎がある。
葉は卵状楕円形で、浅鋸歯がある。
色は紫、黄色、白のものが多く、強健である。
刮ハが熟すと3裂する。

識別点: パンジービオラ
 パンジー:園芸用に品種改良された花径が5,6センチ以上のもの。
 ビオラ :花径が4,5センチ以下のもので、パンジーより原種に近い。



紫の色が濃いものが多い。


(2016/7/12)


距は小さくて先が上を向く。(2016/7/12)


刮ハが3裂すると、黄褐色の種子が現れる。(2017/5/18)


葉は卵状楕円形。(2017/5/18)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る