オオカモメヅル

大鴎蔓

双子葉、合弁花、 キョウチクトウ科 (以前はガガイモ科)、 オオカモメヅル属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
山の林などに生える。
細く長くのびるつるでからむ。
葉は長さ7〜12センチの三角状広披針形で、先が長くとがり、 基部はU字形となる心形で、1〜3センチの葉柄があって、対生する。
葉腋から出る花柄の先が数個に枝分かれし、 その先に直径4〜6ミリで花冠の5深裂する花をつける。 花冠は暗紫色で、裂片に白毛があり、 中央に淡黄色で星形の副花冠がある。
果実は長さ4〜6センチの細長い袋果が2つ対となったもので、 秋に割れると長い毛(種髪)をつけた種子が現れる。 (近縁の コバノカモメヅル では、袋果は対とはならず、単独でつく。)

(2017/6/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る