オオジシバリ

大地縛り

双子葉、合弁花、 キク科、 ニガナ属、舌状花のみ。多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20センチ
茎が地を這ってひろがる。
葉は根生し、6〜20センチの倒披針形〜へら状楕円形で薄く、下部が 羽状に切れ込むことがある。
花茎は20センチぐらいで細く、春に舌状花だけの直径2.5〜3センチの黄色い 頭花を数個つける。 他の花で受粉できないと、花柱がまがって自家受粉する。
そう果は白い冠毛があって風でとぶ。

識別点: ジシバリオオジシバリ
 ジシバリ  :葉は卵円形で直径1〜3センチと小さい。
 オオジシバリ:葉はへら形で長さ6〜20センチと大きい。



細長い花茎の先に舌状花だけの黄色い頭花を数個つける。


総苞は細長い。(2015/4/15)


果実が裂開して冠毛が開く直前。そう果が並んでいる。(2016/5/7)


葉はへら形で薄い。


茎は上方で少し枝分かれする。総苞は細長い。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る