ジシバリ

地縛り

双子葉、合弁花、 キク科、 ニガナ属、舌状花のみ。多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20センチ
別名:イワニガナ
茎は地を這って分枝しながらのびる。岩の上でも少し土があれば生える。
葉は根生し、0.9〜3センチの卵円形で薄く、葉柄が長い。
花茎は細く、8〜15センチぐらい立ち上がって、舌状花だけの直径2〜2.5センチ の黄色い頭花を数個つける。 総苞は円柱形である。
そう果は紡錘形で、先が細長くのびて白い冠毛をつける。

識別点: ジシバリオオジシバリ
 ジシバリ  :葉は卵円形で直径1〜3センチと小さい。
 オオジシバリ:葉はへら形で長さ6〜20センチと大きい。

葉は卵円形で根生する。Photo by H. O. (1997/5/30)


根生葉は放射状に広がる。(2016/3/16)


細い茎の先に舌状花だけの頭花をつける。Photo by H. O. (1998/5/5)


(2015/5/6)


(2016/5/5)


蕾は楕円形。(2016/4/15)


冠毛は白い。(2015/5/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る