オオブタクサ

大豚草

双子葉、合弁花、 キク科、 ブタクサ属、花は筒状花のみ、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:1〜3メートル。
別名:クワモドキ
茎は丈夫で高くのびてよく分枝し、粗毛があり、根元は草刈り鎌で 切れないほど固くなる。 大群落を作る。
葉は20〜30センチと大きく、掌状に3〜5裂し、長い葉柄をもち、対生する。 両面ともにざらつく。
雌雄同株で、 枝先に細長い総状花序を出し、合着して笠形になった淡緑色の 雄頭花を多数下向きにつけ、その下に2枚の苞に包まれた雌頭花をつける。
多量の花粉を飛ばすので花粉症の1つの原因になる。
そう果は総の基部に頭状に集まってつき、 熟すと合着した総苞に包まれた6つの角と稜のある釣鐘形のとても固い偽果 となって落ちる。その中にそう果が1つ入っており、 土中で20年も発芽能力を持つという報告もある。
北アメリカ原産。1952年に侵入。



茎は太くて直立し、掌状に裂けた大きな葉が対生し、葉柄は長い。(2015/7/2)


雄花序。


3メートルぐらいに高くなる。


雄花では筒状花が笠形にかたまり、それが多数花軸に並ぶ。


雌花は雄花序の基部に数個つくが、目立たない。(2016/10/20)


葉は掌状に深裂し、裂片の先は尖る。


大群落を作り、大量の花粉を飛ばす。


雌花のあった所に独楽のような形をした果実ができつつある。(2016/10/10)


偽果は6つの角と稜のある釣鐘形で、とても固い。(2015/10/27)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る