ブタクサ

豚草

双子葉、合弁花、 キク科、 ブタクサ属、花は筒状花のみ、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.3〜1メートル。
茎には軟毛があり、高く伸びて枝分かれする。
葉は柔らかく、2回羽状に深裂し、下部では対生し、上部では互生する。
枝先に細長い総状の雄花序を出し、 淡緑色で直径3〜4ミリの笠形の雄頭花を多数つける。 雄花序の基部の葉腋に、苞に包まれた雌花が数個つく。 いずれも筒状花のみからなる。
多量の花粉を飛ばすので花粉症の1つの原因になる。
合着した総苞片がそう果を包み、 長さ約5ミリの楕円形で6個の突起のある固い偽果をつくる。
北米原産。



雄花序。


葉は羽状に深裂する。


茎には軟毛がある。(2015/8/8)


繁茂して多量の花粉を飛ばす。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る