オオバショウマ

大葉升麻

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 サラシナショウマ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:40〜120センチ
湿り気のある林床に生え、 太い地下茎が横にのびてふえる。
根生葉は3出複葉で、小葉は直径7〜20センチの円心形で、 掌状に5〜9浅裂し、鋸歯がある。 花茎につく茎葉は退化して小さな苞状となる。
花茎が高くのびて、小さな白い花を穂状に密につける。 花序は枝分かれしない。 花柄はほとんど見えず、花弁状萼片が4〜5枚あり、 花弁は長さ約5ミリある。 多数ある雄しべはそれより長い。 萼片も花弁も開花後間もなく落ちる。 したがって、白い丸い蕾がついたあと、 間もなく白くて長い雄しべが花穂に多数ブラシ状にならぶ。 花は下から上へと咲いてゆく。
長さ6〜7ミリの楕円形の袋果ができ、短い果柄がある。 果実の中には黒褐色で半円形の種子が入っている。

識別点: イヌショウマサラシナショウマオオバショウマ
 イヌショウマ  :1〜2回3出複葉、小葉5〜10センチ、蕾淡紅色、花柄微無、花序枝数本。
 サラシナショウマ:2〜3回3出複葉、小葉3〜8センチ、蕾淡紅色、花柄明瞭、花序枝数本。
 オオバショウマ :1回3出複葉、小葉7〜20センチ、蕾は白、花柄微無、花序枝なし。

根生葉。(2017/10/18)


根生葉は1回3出複葉で、小葉が掌形で大きい。(2017/10/18)


高い花茎の先に白い花を穂状につける。(2017/10/18)


花序は枝分かれしない。(2016/10/4)


楕円状の小さい果実ができつつある。(2016/10/4)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る