オオアレチノギク

大荒れ地野菊

双子葉、合弁花、 キク科、 ムカシヨモギ属 筒状花と舌状花をもつ。2 年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:1〜2メートル
茎には軟毛が多く、茎と葉は灰色がかった緑色である。 ロゼットで冬越しする。
根生葉は倒被針形である。 茎葉は互生し、狭被針形で、裏面に短毛が密生する。
茎の上部の円錐花序にとっくり形の小さい頭花を多数つける。 頭花は筒状花と白い舌状花をもつが、舌状花は短くて ほとんど見えない。
熟すと淡褐色の冠毛をつける。
南米原産。

識別点:( ヒメムカシヨモギオオアレチノギク、 アレチノギク )
 ヒメムカシヨモギ:舌状花がはっきり見え、頭花はUカップ形、花序は幅広円錐、葉は薄くてざらつく。
 オオアレチノギク:舌状花がほとんど見えず、頭花はとっくり形、花序は狭円錐、葉は厚くビロード状。
 アレチノギク  :舌状花がほとんど見えず、頭花は樽形、枝が茎より高くのびる。

花序は狭円錐形。(2009/8/12)


頭花はとっくり形。


(2015/9/23)


そう果の冠毛は淡褐色。(2015/9/23)


茎や葉は灰緑色。(2009/8/12)


茎には白毛がある。(2015/9/19)


茎葉は狭被針形で互生する。(2010/4/20)


全体は横広がりにならず、細長い。(2015/9/23)


群生することが多い。(2015/9/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る