オナモミ


双子葉、合弁花、 キク科、 オナモミ属、花は筒状花のみ、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:0.2〜1メートル。
茎はやや茶色をおび、硬く、ざらざらしている。
葉は卵状三角形で3浅裂し、不揃いの粗い鋸歯があり、両面ともに ざらつき、葉柄が長く、互生する。
雌雄異花で、雄花序は枝の上方に頭状につき、 雌花は枝の下方や葉腋に数個ついて、棘のある緑色の塊のような形をしている。 花弁はない。
果実は楕円形で多数の棘があり、はじめは緑であるがやがて灰褐色になる。 総苞が壺状となって中にそう果を含んだ果胞と呼ばれるものになり、 果胞には先のまがった鉤状の棘が多数生えて、動物などにくっつく。 果胞は長さ0.8〜1.4センチとオオオナモミより小さくややまばらにつく。
最近は北米原産のオオオナモミが優勢となり、オナモミはあまり 見られなくなった。

識別点: オナモミオオオナモミ
 オナモミ  :高さ0.4〜1.4メートル、果胞0.8〜1.4センチで数個ずつまばらにつく、棘約2ミリでややまばら。
 オオオナモミ:高さ0.5〜2メートル、果胞1.8〜2.5センチで多数群がってつく、棘3〜6ミリで密。
 イガオナモミ:高さ0.4〜1.2メートル、果胞2〜3センチ、果胞や棘に鱗片状の毛。

果胞はややまばらにつく。


オナモミの果実は、長さ0.8〜1.4センチで、小さい。(2016/11/20)


棘が生えた果胞がつき、その中にそう果がある。


棘の先は鉤状に曲がり、衣服などにとりつく。(2018/10/20)


果実は熟すと褐色になる。(2017/10/18)


頭状のは雄花序。(2016/10/8)


褐色のは枯れた雄花。(2016/10/8)


雌花には花のときからすでに棘がある。(2016/10/8)


棘のある雌花から柱頭がのぞいている。(2016/10/8)


茎は直立し、葉は葉柄の長い卵状三角形で、互生する。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る