オケラ



双子葉、合弁花、 キク科、 オケラ属、花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:秋〜夏 9月〜10月
高さ:0.3〜1メートル。 別名:ウケラ(オケラの古名)
茎は直立して上部で分枝し、細くてかたい。
葉は互生し、茎の下部では奇数羽状複葉であり、 上部では単葉〜複葉となり、小葉は先のとがった楕円形で、 棘状の鋸歯がある。
茎先に1個つく頭花は白い筒状花で直径1.5〜2センチであり、 総苞には魚の骨のようになった棘がある。 筒状花の先は5裂し、花柱が突き出る。
そう果の冠毛は淡褐色で羽状となる。
短い地下茎があり、屠蘇の材料になる。
オオバナオケラは中国原産で、 花が大きいが高さも30〜80センチと大きく、 筒状花は白色〜帯紅色である点などがオケラと異なる。
シナオケラはホソバオケラとよく似ていて、 両者の違いは明確でない。



総苞の周りに魚の骨のような苞がある。(2016/7/27)


筒状花から花柱が突き出る。(2015/9/29)


筒状花の先は5裂し、湾曲する。まっすぐ伸びているのは花柱。(2015/9/29)


そう果に冠毛がある。(2015/11/30)


葉は先のとがった楕円形で、棘状の鋸歯がある。(2015/10/8)


上部の葉は単葉で、下部の葉は奇数羽状複葉。(2017/7/29)


下部の葉は、羽状に深裂するものなど、変異が多い。(2017/9/30)


葉裏は緑白色。(2017/9/30)


蕾。


前年秋の冠毛が春まで残っていることがある。(2015/5/1)


前年の苞も残っていることがある。(2015/6/15)


オオバナオケラ。


オオバナオケラ。蕾が大きい。(2016/7/27)


オオバナオケラ。(2015/7/2)


オオバナオケラの筒状花は赤みを帯びる。(2017/9/30)


シナオケラは葉が細長い。(2016/7/27)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る