オドリコソウ

踊り子草

双子葉、合弁花、 シソ科、 オドリコソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜6月
高さ:30〜50センチ
茎は根元から多数出て直立し、四角で太いが柔らかい。
葉は先のとがった5〜10センチの卵状三角形で、葉柄があって対生し、 鋸歯があり、網目状の葉脈がへこむ。葉全体に毛がある。
上部の葉腋に白色〜淡紅紫色の唇形の花を数段輪生させる。 花冠は3〜4センチで、上唇は笠のようにかぶさり、下唇は3裂し、 その中央裂片は他より大きくて、前に突き出す。 上の段の花が咲き終わると下の段の花が咲き始めるので、 花期が長い。
花の下にある萼の裂片の先は長い針のようにとがる。
果実は3つの稜のある分果が4つ密着した形をとる。

識別点: ヒメオドリコソウオドリコソウ
 ヒメオドリコソウ:花は輪生しない、高さ10〜25センチ、2年草。
 オドリコソウ  :花は輪生する、高さ30〜50センチ、多年草。



花の輪生した形が笠をかぶった踊り子が輪になった形に似る。


(2016/4/29)


葉は先のとがった卵形で、鋸歯があり、葉脈がへこむ。





萼の先が長い針のようにとがる。


群生。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る