ネナシカズラ

根無葛

双子葉、合弁花、 ヒルガオ科、 ネナシカズラ属、つる性、1年草、寄生植物。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
針金状のつるで他の植物にからみつき、寄生根を出して養分を吸い取る。 つるは黄色または紫褐色で、寄主にかぶさるようにのびたり巻き付いたりする。
発芽したときはイトミミズのようであるが、大きくなると 寄主に覆い被さる。
葉は2ミリ以下の鱗片状に退化している。
つるから短い穂状花序を出し、白いこぶのような花を多数つける。 花冠は約5ミリで5裂し、花柱が1個あり、5本の雄しべは花冠より短い。
果実は卵形の朔果で、熟すと横に裂けて丸い種子が現れる。

識別点: ネナシカズラアメリカネナシカズラ
 ネナシカズラ  :花冠は約4ミリ、花柱は1本、つるは黄色〜紫褐色、朔果は卵形。
 アメリカネナシカズラ:花冠は約3ミリ、花柱は2本、淡黄色〜淡黄赤色、朔果は球形。
 ハマネナシカズラ:花冠は約2.5ミリ、花柱は2本、朔果は扁球形、朔果は扁球形。
 マメダオシ:花冠は約2ミリ、花柱は2本、朔果は球形。



花柱は1本。




覆い被さるつる。


巻き付くつる。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る