ナツトウダイ

夏燈台

双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 トウダイグサ属、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20〜50センチ
茎は無毛で直立する。
葉は倒披針形〜長楕円形で、柄はなく、まばらに互生する。 茎と葉は紅紫色を帯びることがある。
茎先では5枚の葉が輪生状につき、傘を逆さにしたように5本の枝 が輪生し、その先に2つ(または1つ)の杯状花序がつく。 杯状花序には苞葉があり、4枚ある腺体は紅紫色の三日月形で、 蜜を出し、両端がカニのはさみのようにとがる。
果実は球を3つ合わせたような形の朔果で、黒い楕円形の種子を持つ。
有毒植物で、漢方薬に用いられる。

4つの腺体は三日月形で両端が針のようにとがり、蜜を出す。 ふくらんでいるのは子房で、平滑である。


花は小さくて、近づいてみないと構造がよくわからない。


4つの腺体は蟹のはさみにように尖っている。(2016/4/16)


刮ハは球を3つ合体させたような形をしている。(2016/4/29)


茎先に5本の枝が輪生する。




茎は直立する。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る