コニシキソウ

小錦草

双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 トウダイグサ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:約5センチ
茎が地をはって広がり、軟毛がある。 傷つけると白い乳液が出る。
葉は対生し、0.7〜1センチの長楕円形で、中心部に暗紫色の斑紋があり、 基部が左右不揃いである。浅い鋸歯がある。
枝の上部の葉腋に小さい杯状花序をつけ、腺体は平らな楕円形で、 紅色の付属体がつく。
朔果には白い伏毛が密生する。
北米原産。

識別点:( ニシキソウ、 コニシキソウオオニシキソウ
 ニシキソウ  :茎が地を這う。子房に赤い付属体がつく。
 コニシキソウ :茎が地を這う。子房に白毛が密生。
 オオニシキソウ:茎が斜上する。子房の付属体が花びらのように白い。



杯状花序。丸く膨らんでいるのは雌花の子房。葉の中心部には暗紫色の斑紋がある。






地面を這って枝を広げる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る