ホウキギク

箒菊

双子葉、合弁花、 キク科、 シオン属 筒状花と舌状花をもつ1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:0.5〜1.2メートル
茎のように見える細長い葉がつき、茎も細くて枝分かれし、 全体が箒のように見える。 枝がよく分枝して、群生しているとからまりあう。
葉は互生し、基部から先端までほぼ同じ幅の細長い線形で、光沢があり、 基部は少し茎を抱く。
枝先に1個つく 頭花は直径5〜6ミリと小さく、舌状花は白く、希に淡紫色で、 筒状花は黄色い。
果実はそう果で、 花が終わると長く伸びた白い冠毛が目立つ。
北米原産。

識別点: ホウキギク ヒロハホウキギク
 ホウキギク   :葉は先まで同じ幅の線形で、茎を抱く。枝がよく分枝する。
 ヒロハホウキギク:葉は少し幅広で先がとがった線形で、茎を抱かない。枝が横に広がる。
 オオホウキギク :葉は先が次第に細くなる線形で、茎を抱く。上部の枝は上を向く。









花が小さく、葉や茎が細くて広がるので、写真にとりにくい。


ヒロハホウキギク(葉が茎を抱かない)。


ヒロハホウキギク


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る