ヒマワリ

向日葵

双子葉、合弁花、 キク科、 ヒマワリ属 筒状花と舌状花をもつ。1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:1〜3メートル
茎は太く、直立し、短毛がある。上部で枝分かれするものもある。
葉は互生し、大きな心形で毛があり、鋸歯があって、葉柄が長い。
花は茎先や枝先に1個ずつ横向きに咲き、黄色く、直径30〜60センチになる。 まわりの舌状花は雄花で種はできず、中心の筒状花は両性花で種ができる。
種子はやや平たい長卵形のそう果で、黒いか、黒白の縞模様がある。
多くの品種がある。 種は食用や飼料になり、油もとれる。
北アメリカ原産。



生育が良いと、花は直径30センチ以上になる。(2016/7/28)




通常は背丈より高くなる。


葉は大きな心形で粗い鋸歯があり、葉柄が長い。(2016/7/28)


矮性種もある。


黄白色のもある。


シカクヒマワリ は茎が四角い。


シカクヒマワリ


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る