ハブソウ

波布草

双子葉、離弁花、 マメ科、 ジャケツイバラ亜科、センナ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.6〜1.2メートル
茎は直立して高くのびる。 全草無毛である。
葉は8〜12枚の先のとがった狭卵形の小葉からなる偶数羽状複葉で、互生する。
葉腋に短い総状花序を出し、(蝶形ではなく)いびつな黄色い5弁花を、 横向きに咲かせる。
豆果は長さ約10センチで、柄があり、上向きに湾曲する。 熟すと鞘は淡褐色になる。
種子を炒ってハブ茶を作るが、ハブ茶として売られているものの多くは、 同属のエビスグサから作られたものである。
葉は、毒蛇のハブに咬まれたときの民間薬として使われた。
原産地は北米南部〜熱帯アメリカ。

識別点: エビスグサハブソウ
 エビスグサ:小葉は4〜6枚で倒卵形で鈍頭、豆果が約15センチで下向きに湾曲。
 ハブソウ :小葉は8〜12枚で狭卵形で尖る、豆果が約10センチで上向きに湾曲。

長さ10センチぐらいの豆果が上向きに湾曲する。 (2018/9/19)


(2016/10/20)


葉腋から小さい総状花序が出る。(2016/10/15)


黄色い5弁花が横向きに咲く。(2016/10/20)


同じ位置から葉柄と花柄が出る。(2017/6/24)


葯は淡褐色。(2016/7/27)


(2017/10/26)


偶数羽状複葉が互生し、小葉は先のとがった狭卵形。(2015/9/29)


(2016/9/28)


豆果に横縞がある。(2015/9/29)


熟すと黒くなり、偏球形の種子が見える。(2017/10/18)


茎は高くのびる。(2017/9/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る