アマチャヅル

甘茶蔓

双子葉、合弁花、 ウリ科、 アマチャヅル属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
山ややぶ、垣根などに生える。
柔らかいつるを長くのばし、 葉柄の長い鳥足状複葉を互生状につける。 鳥足状複葉には先の尖った楕円状の小葉が通常5枚 (ときには3枚または7枚)あり、 各々は基部から分離している。 小葉には低い鋸歯がある。
葉柄の基部から巻きひげと総状花序をのばし、 5裂した淡緑色の花冠を数個つけた短い花序枝を左右に出す。 花冠は5裂し、裂片の先は尾状にとがる。 中央部に5個の黄緑色の雄しべが合着している。
丸くて小さい液果ができ、黒熟する。
葉を噛むとかすかに甘みがあるので、アマチャヅルというが、 アマチャユキノシタ科 であって、科が異なる低木なので、あまり関係ない。

鳥足状複葉の小葉は全裂し、通常は5枚。(2012/10/8)


複葉の葉柄は長い。(2012/10/8)


葉柄の基部から花序と巻きひげが出る。(2012/10/8)


花序では花が数個ついた花序枝が左右に広がる。(2012/10/8)


花は淡緑色で花冠は5裂し、裂片の先は尾状にとがる。(2012/10/8)


丸い果実ができる。(2012/10/8)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る