アマチャ

甘茶

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科、 アジサイ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 6月
高さ:1〜1.5メートル
別名:コアマチャ
ヤマアジサイの変種と言われる。
茎は束生し、枝は赤紫色〜紫褐色である。
葉は長さ5〜10センチの倒卵状楕円形で、鋸歯があり、対生する。 葉と葉柄も赤紫色を帯びる。
初夏に若枝の先に集散花序を出し、まわりに装飾花のある ガクアジサイのような花を咲かせる。 装飾花の萼片は、はじめ淡紫色で、やがて淡紅色に変わる。 ふちはまるく、萼片が重なり合っていて1枚しかないように見える。 (花弁も萼片も5枚あるが、見分けにくい。)
果実は刮ハであるが、滅多につかない。
葉を乾燥させて発酵させたものを煮出すと甘茶ができる。 天然甘味料であるフィロズルチン(phyllodulcin)を含む。
よく似た オオアマチャ は、アマチャより葉が大きくて丈も高く、甘みも強い。

周辺の小花で花弁のように見えるのは萼であり、 中央部の小花は小さな花弁で構成されている。


(2015/6/1)


蕾も色が変化してゆく。(2015/5/16)


(2017/6/3)


果実はさく果で、花柱が3本の突起として残っている。中に多数の小さい種子がある。


葉は倒卵状楕円形で、鋸歯があり、対生する。枝は紫褐色を帯びる。




葉の縁などが赤紫色を帯びる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る