アキギリ

秋桐

双子葉、合弁花、 シソ科、 アキギリ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:20〜50センチ
木陰などに生え、一株から数本の茎が出て直立する。
葉は6〜10センチの三角状矛形で基部が張り出し、 鋸歯があり、対生して葉柄が長い。
茎先の総状花序に青紫色の唇形の 花を数段横向きにつける。 花は同属の サルビア の花に似ていて、上唇は斜上し、下唇は垂れ下がり先が3裂する。 雌しべは突き出すが、雄しべは外に出ない。 萼片は上下に2枚ある。
果実は4分果で、紫色に熟す。
日本に古くから自生する。

(2015/10/28)


葉は三角状矛形で、葉柄が長くて対生し、葉柄に白毛がある。(2016/4/29)


葉は鋸歯があり、葉脈が明瞭である。(2015/10/28)


1株から茎が数本出て、少し這ってから直立する。(2015/10/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る