アキチョウジ

秋丁字

双子葉、合弁花、 シソ科、 ヤマハッカ属、多年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:30〜90センチ
山地の木陰に生える。
茎は四角で直立〜斜上し、あまり分枝しない。 稜には下向きの短い毛がある。
葉は長さ5〜15センチの長楕円形で、先が長くとがり、 低い鋸歯があって、対生する。葉柄は短く、脈は少しへこみ、 裏面には細毛がある。
枝先や葉腋から出る総状花序に、 青紫色で細長くて先が丁字形になった唇形花を、 同じような向きに短い間隔でつけ、 花柄が1センチ以下と短くて細毛がある。 花冠は長さは約20ミリ、幅は約5ミリで、細毛があり、 上唇がまくれて浅く4裂する。 萼は先が5裂するがあまりとがらない。
果実は4分果。

識別点: アキチョウジセキヤノアキチョウジ
 アキチョウジ    :混み合って咲く、花柄が短くて毛あり、萼の裂片があまりとがらない。
 セキヤノアキチョウジ:まばらに咲く、花柄が長い、萼の裂片がとがる。

青紫色で細長い唇形花が総状に咲く。(2016/10/20)


葉は先のとがった楕円形で、対生する。(2016/10/15)


(2017/10/31)


葉には低い鋸歯があり、脈が少しへこむ。(2016/10/15)


花は花柄が短く、ほぼ向きをそろえて咲く。(2016/10/15)


花後も萼が残る。(2017/10/18)


淡紫色の花もある。(2016/10/20)


花冠が浅く4裂してまくれあがる。下唇はボートの舳先状。萼の裂片はあまりとがらない。(2016/10/20)


(2017/10/18)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る