ヤマウコギ


双子葉、離弁花、 ウコギ科、 ウコギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:2〜4メートル
別名:ウコギ、オニウコギ
樹皮は灰黒色で、縦に長い皮目ができ、老木では細長い溝ができる。 茎には鋭い棘がある。
葉は互生し、掌状複葉で、長枝にはまばらに、短枝にはむらがってつく。 小葉は5枚あり、3〜7センチの倒卵形で、先は鈍く尖り、基部はくさび形で、 浅くて粗い鋸歯がある。 葉裏の葉脈の腋に薄い膜がある。
雌雄異株で、短枝の先に散形花序を出し、黄緑色の小さい5弁花を 葉に隠れるように多数つける。
直径5〜6ミリの扁平な球形の液果をつけ、7〜8月に赤褐色から黒紫色に熟す。
新芽は山菜として食べることができる。

識別点: ヤマウコギヒメウコギオカウコギエゾウコギ
 ヤマウコギ:小葉は鋸歯目立たずほぼ同大、棘太い、散形花序1個で黄緑色。
 ヒメウコギ:小葉は粗鋸歯あり頂大、棘太い、散形花序1個で白色。
 オカウコギ:小葉は上半部に鋸歯あり頂大、棘太い、散形花序1個で黄緑色。
 エゾウコギ:小葉は鋭鋸歯あり頂大、棘細長い、散形花序数個で淡黄白色。



短枝の先の散形花序に黄緑色の5弁花をつける。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る