ツツジ一覧


双子葉、合弁花、ツツジ科、ツツジ属、常緑、低木。 用語説明

ツツジはツツジ科ツツジ属の植物の総称で、ツツジ亜属、ミツバツツジ亜属、 シャクナゲ亜属、エゾツツジ亜属、ヒカゲツツジ亜属などを含み、 地域による違いも多く、多数の園芸種がある。

モチツツジ 樹皮は暗褐色で、萼や葉に腺毛があって粘りけがあり、 花は5弁で、濃紅色の斑点があったりする

キリシマツツジ
鮮紅色の小ぶりの花を咲かせるものが多い。

キリシマツツジ(2016/4/11)


クルメツツジ:
株を覆うように沢山の花が咲く。比較的矮性で狭い庭にも植えることができる。


葉は長さ約1.5センチと小さく、短毛がある。(2016/11/26)


ゲンカイツツジ:
ツツジの中では最も早く3月中旬には咲く。(2026/4/29)


ゲンカイツツジ。(2017/3/10)


ゲンカイツツジ。新葉の展開前に咲く。(2017/3/10)


ミカワツツジ:
ヤマツツジの一種


オオリュウキュウ:


オオムラサキ:
紅紫色の直径6〜7センチの大輪の花を咲かせる。葉は厚く、長さ3〜7センチになる。


オオムラサキ


オオムラサキの刮ハ。(2016/3/5)


キシツツジ:
淡紫紅色の花をつけ、顎には粘りがある。


キシツツジ:


レンゲツツジ:
朱紅色の花をつける。群馬県花。


オンツツジ:
晩春に朱色で上部内面に濃点のある花を咲かせる。3〜6メートルになる落葉小高木。


オオヤマツツジ:


オオヤマツツジ:


マルバツツジ

ニワツツジ:
葉の出る前に咲く。


マルバサツキ

双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る