スズカケノキ

鈴懸の木

双子葉、離弁花、 スズカケノキ科、 スズカケノキ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20メートル
別名:プラタナス
樹皮は、大きく薄片状にはがれて、灰白色と緑褐色のまだら模様になる。
葉は互生し、10〜20センチの大きな広卵形で、掌状に5〜7中裂し、 不揃いな歯牙があるが鋸歯はなく、初めは灰白色の星状毛に 覆われるが、やがて無毛となる。葉柄は3〜8センチと長い。
雌雄同株で、春に葉腋から花序の軸がのび、それに 直径約2センチの球形の花序が3〜7個垂れ下がる。 雄花序は黄緑色で、雌花序は赤い花柱で覆われる。 花弁は見えない。
果実はそう果が球形に集まった直径約3.5センチの集合果で、 そう果には、上部には褐色の短毛が密生し、基部には長毛がある。
葉の形が山伏の着る袖の広い鈴懸に似ているので スズカケノキと言われるとのことである。

識別点: スズカケノキアメリカスズカケノキモミジバスズカケノキ
 スズカケノキ  :葉は深く切れこみ、樹皮に緑褐色のまだら模様、 1本の果軸に集合果3〜7個。
 アメリカスズカケノキ:葉の切れこみは浅く鈍角で、樹皮は暗褐色で
     根元に縦の割れ目ができ、 1本の果軸に集合果1個(希に2個)。
 モミジバスズカケノキ:葉の切れこみは中程度で鋭角になり、
      樹皮に淡緑色のまだら模様ができ、 1本の果軸に集合果1〜3個。



樹皮は灰白色と緑褐色のまだら模様になる。


葉は掌状に中裂し、黄葉する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る